今日11月30日は月食です

牡牛座の満月

今日(11月30日)は牡牛座(西洋占星術では双子座)で、月宿はローヒニの満月ですが、2020年4回目で最後の月食(半影)となります。 3回は日本で見ることが出来ましたが、7月5日のものは見ることが出来ませんでした。

と言っても今日の月蝕は皆既月食と違い、半影月食なのであまり気にする必要がありません。

よく月食の時とか日食の時は、外に出ないほうがいいとか、増してやそれを見ない方がいい、と言った話を聞かれているかと思います。

実はジョーティッシュ的にそれを気にするのは、月が全て地球の本影に入る皆既月食とその一部が本影に入る部分月食の時です。 ですから、今回のような半影月食は普段通りに過ごしてください、と言うことになります。

さらに、気をつけるのは自分の居る場所で、その皆既月食が見える場合、と言うことになります。 ただし、例え雲がかかって月が見えなくても、見えるのと同じことになります。 地球上の居る場所によっては、その月食を見ることが出来ない場合も往々にしてあるので、晴れていれば見える状態の時が対象になります。

次回の皆既月食は2021年5月16日で、日本各地で見られます。  月食や日食は、黄道と白道の交差点であるラーフ /ケーツの軸に沿って起こるので、カルマ的借金返済の時期になりやすいと言われています。 ですから、この時には次のような行動をしないことで、そのインパクトを和らげることが出来ます。

*月食では始まる9時間前から、日食では始まる12時間前から終わるまでの間に食べること

*オイルマッサージすること

*水を飲むこと

*排尿すること

*髪の毛をとかすこと

*歯を磨くこと

*特に妊娠中の女性はその間、外に出る。  また布を縫ったり、裁断したりすること

星々の調和(グラハ・シャンティ)と共に充実した日々を楽しまれますよう

#インドの占星術家とZoomで結んでのオンライン鑑定を実施しています。 鑑定に関してのお問わせは、infoアットマークtenkooann.comまでお願い致します。

ジョーティッシュってそもそも当たるの?

 

 

 インドはリシケシの街の専門家と直接オンラインで結ぶジョーティッシュ鑑定は、今回のコロナ禍による海外渡航の消滅によって実現しました。

 それ以前は世界各地からリシケシにやってくるニューエイジ系の人達や、ヨガ教師養成コースの参加者などが連日鑑定を求めて列を成していたので、オンライン鑑定に時間を割いてもらえる状況ではありませんでした。 

 そこで『ジョーティッシュ鑑定って当たるものなの?』という疑問が寄せられたので、その回答にチャレンジしてみようかと思います。

 鑑定を受けますと『木星が射手座にあって、土星が山羊座に在るので云々』と言った説明に遭遇されることでしょう。

 そんな木星だか土星だか、めっぽう遠くの天体に自分の人生が影響されているなんて、寝ぼけたことを言っているわ、と思って占星術みたいな迷信はパスよ、という方も世の中にはたくさんいらっしゃることでしょう。

 そう思ってる方、その通りです。 実は天体のせいで私たちの人生は決まっている訳ではありません。 私たちの運命の方が先に在るのです。 

 ただ、その運命は手相にも現れ、顔相にも現れ、生まれた時の星の配置にも現れている訳です。 

 人の運命は、わかる人が見れば実は占星術も何も使わずにわかってしまう。 しかし一般の我々にはそのような能力がないので、その運命を読み解く手相だとか占星術だとかの古代の慧眼の師が体得したテクニックを使わざるを得ない訳です。

 ですから『木星が高揚する星座に居て、第7室を凝視しているから良いパートナーに恵まれますよ』という説明は、元々そういう運命にある人の将来の展開を、星や星座の配置の説明を通して引き出しているに過ぎないことになります。

 つまり、木星がそうさせているのではなく、そうなる運命を持っている人はそのように解釈出来る星の配置の元に生まれてきている、ということになります。

 この運命が先にあることを別の表現で現すと、『私達は病気で亡くなるのではなく、運命で亡くなる』と言うことになります。

 ですからジョーティッシュ鑑定を受けるかどうかは、少しの『ネタバレ』展望を活用して人生航路を進むか、全て『サプライズ!』で生きていくかの選択とも言えます。

 では、ジョーティッシュって当たるの?という質問への対応にいきます。

  1. 必要な誕生情報が多いことによる鑑定の緻密化

 生年月日だけで行う占星術に対して、ジョーティッシュは生年月日だけでなく、誕生時間と誕生地の情報を使います。 誕生時間まで使うのであれば四柱推命も同じですが、誕生地の情報は使わないようです。 

 ジョーティッシュでは、誕生地の情報も使います。 一般に必要情報が細分化されることによって鑑定も緻密化されていくであろうことは、想像に難くありません。 

2. 誕生時間の正確さが重要

 ジョーティッシュでは、生まれた時の東の地平線に昇っている星座(上昇宮)が重要になります。 その星座は約2時間で次の星座へと変化していきます。 だから誕生時間は2時間以内の正確さがあれば良いか、というとそうはいきません。

 例えば実際の誕生時間から10分ずれた時間で鑑定した場合、その10分で東の地平線の星座が隣に移ってしまうこともあり得るので、そうなると鑑定は大きく変わってきます。 

 一番厄介なのは、正しいと思っている誕生時間が実は正しくない、という場合です。 母子手帳に書いてあるからと言って、それが必ずしも正しくないことがあります。 その誕生時刻のズレが東の地平線の星座を一つかそれ以上ズラしてしまうこともあるので、こうなると『ジョーティッシュ鑑定受けたけど、ピンとこなかった』ということになってきます。

 一方、誕生時間が初めからわからない方もいらっしゃいます。 以前は人生の大きな出来事の起こったタイミングから誕生時間を割り出す、という依頼もしていたことがありますが、経験上それは1〜2時間程度の時間帯の中での鑑定では有効だと思いましたが、全く時間がわからない方にはバラツキが大き過ぎて使えないと思っています。

 その代わり、現在お願いしているジョーティッシュの先生は、ご本人のお姿を見るか、写真だけからも上昇宮(生まれた時の東地平線の星座)を割り出してチャートを作る技術を持った方です。 経験的にも、それによる誕生時間の割出しの方が、以前より遥かに良い結果を生み出しています。

3. ジョーティッシュ鑑定師の実力次第

 これは当たり前のことを言っているようですが、ジョーティッシュの複雑な多次元方程式のようなチャートの数々をサッと読み解いていくのは熟練の技が必要です。 

 教科書的な学びをしただけでは、そこに潜む常識的な解釈を180度ひっくり返す特殊な組合せを見出すことは困難でしょう。 そうなると正反対の鑑定をすることにもなりかねません。

 ですから、ジョーティッシュ鑑定を受けられるのであれば、熟練の専門家を探されることをお勧めします。 

4. ジョーティッシュ特有の人生カレンダー(ダシャー・チャート)で未来予測

 他の占星術と比較してジョーティッシュの特徴として挙げられることの多いのが、人生カレンダーとでも言うべきダシャー・チャートと呼ばれるものを使って、人生の出来事の起こりやすいタイミングを細かく鑑定する術になります。

 このダシャーチャートを使って、追い風の時期を調べ、その中でも特にどう言う分野で追い風が吹くか、その逆も調べていくことが出来ます。

こちらではインドの専門家とオンラインにて実施していますジョーティッシュ鑑定会を、毎日午後6時半からの一コマお受けしていますので、ご興味のある方はお問合せください。