木星の逆行が7月29日から11月24日まで続きます 特に注意したい3つの期間とは?

2022.07.24

こちらのブログでもお知らせしましたが、今年2022年の4月13日から木星は実家とも言える魚座に入り、ほぼ1年間滞在します。

木星は一つの星座に約1年ほど滞在する間に概ね3ヶ月ほどは逆行します。 吉星である木星の逆行は、その吉祥をさらに強めると言われ、通常は良い時期に当たるのですが、今回のように木星自身の星座である魚座の場合は、それが逆目に出てしまうと言われています。

ですから、今年の木星の逆行の119日間は、チャレンジングな時期と言うわけです。

惑星が逆行を始める時と言うのは、地球から見ての話ですが、順行して惑星がだんだんとスピードを落としていくようになり、ある所で静止してそこから逆行が始まることになります。

これは逆行から順行に変わる時も同じで、だんだんと惑星の逆行の動きがゆっくりとなり、やがて止まって、そこから順行に戻ることになります。

今回の木星の逆行は魚座で起こるが故にチャレンジな時期となることを今お話しましたが、それがさらに強まるのが逆行が始まってからの約5日間と順行に移る前の約5日間と言われています。

実はそれにプラスして、今回の木星逆行の時期には、さらに2つのチャレンジングな天体の配置が発生してきます。

一つは、木星だけでなく、土星と水星も逆行すると言うことが重なる時期があり、この時期はさらにチャレンジングになるかも知れません。

もう一つは、これは木星でなく火星とラーフ に絡むことで、こちらのブログに詳しく書きましたが、火星とラーフ が牡羊座で一緒になる、と言う火山の噴火のような状態が、ちょうど重なる時期が発生します。

そこでこれらをまとめて注意する時期をまとめると次のようになります。 7月29日〜8月3日 :木星の逆行への切り換えで最もチャレンジングな時期。またこの期間の8月1日には火星とラーフ がちょうど牡羊座で重なり、その状態は8月10日まで続きます。

A. 7月29日〜8月3日 :木星の逆行への切り換えで最もチャレンジングな時期。またこの期間の8月1日には火星とラーフ がちょうど牡羊座で重なり、その状態は8月10日まで続きます

B. 9月10日〜10月2日:木星だけでなく、土星、水星も逆行する

C. 11月19日〜11月24日:木星が逆行から順行に切り換わるチャレンジングな時期

私たちの意識を強く大自然に沿わせてるべく、深い瞑想の時間をしっかりとっていきたいものです。

HOME

サイト人気ランキング(月間)

  1. 開催日カレンダー
  2. 木星の逆行が7月29日から11月24日まで続きます 特に注意したい3つの期間とは?
  3. ジョーティッシュってそもそも当たるの?
  4. コンセプト
  5. 今日(6月27日)から火星がラーフ に牡羊座で一緒になり、8月10日まで続く火宅の日々!
  6. 参加方法・費用
  7. アーユルヴェーダのパンチャカルマ施設はどこに注目して選ぶと良いのか
  8. 当番からのご挨拶
  9. 洞窟からの解放・・・光のほうへ
  10. 土星の逆行が6月5日から始まりました!