本日10月16日から火星が双子座に入り、激動とも取れる時期が来年の3月まで続きそうです

2022.10.16

明るい青空のもとへ脱け出そう

今日10月16日の日本時間午前 11時19分に火星が牡牛座から双子座に移りました。

それがなんと10月30日には逆行を始めてしまい、11月13日には再び牡牛座に戻ってしまいます。

そのまま逆行しながら11月13日には牡牛座に戻ってしまいます。

その逆行は来年の1月13日まで続き、順行に戻ってから3月13日にようやく双子座に戻ります。

チャートをお持ちの方は、誕生時の月のある星座から数えて双子座が何室目に当たるか確認します。 その部屋の事象に関して、この火星の動きがもたらすことはどうなのか、ということになります。

例えば双子座が第2室にある場合ですと、資産状態、家族状況、無意識の領域、自分の評判、健康などの事象になります。

その例ですと、まず今から10月30日の約2週間は、資産状態でプラスになることが起きやすくなります。

それが火星の逆行が始まり、やがて牡牛座に戻る期間中は一転してチャレンジングな状況に遭遇しやすくなり、荒波に揉まれるかも知れません。

火星が双子座に戻る来年3月13日以降に、第2室での事象が花開く時期がやってくる、という訳です。

そしてそれが火星が双子座から蟹座に移る5月10日頃まで期待できる、ということになります。

火のエネルギーの火星の動きを整理しますと;

10/15(双子座入り)⇨

10/30(逆行がスタート)⇨チャレンジ期間の始まり

11/13(牡牛座に戻る)⇨

1/13(牡牛座の中で順行に戻る)⇨特にこの期間のチャレンジ大

3/13(双子座に戻り入り)⇨チャレンジ期間の終わり

5/10(蟹座に入る)

今回の火星の動きがもたらす11月初めから来年の3月中頃までのチャレンジの期間は、世界経済の混乱や戦火のエスカレートが起こりやすいかも知れません。

それが最も強くなるのが、来年の1月から3月にかけて、という見立てになります。

改めてチャートをお持ちの方は、ご自身の双子座のある部屋に係る事柄に注意をしながら、航海に出る時と、港で凪を待つタイミングを推測られては如何でしょうか。

HOME

サイト人気ランキング(月間)

  1. 11月のオンライン瞑想会は11月8日の満月と11月24日の新月の日になります
  2. ジョーティッシュってそもそも当たるの?
  3. コンセプト
  4. 開催日カレンダー
  5. 座るのが怖い!? 心療内科で腰痛から解放
  6. 洞窟からの解放・・・光のほうへ
  7. 本日10月16日から火星が双子座に入り、激動とも取れる時期が来年の3月まで続きそうです
  8. アーユルヴェーダのパンチャカルマ施設はどこに注目して選ぶと良いのか
  9. 心はどこにある? アーユルヴェーダでは果てして何処に・・・
  10. 外国人から見た日本のここが不思議 ”牛乳の巻”