北インド・リシケシへの7日間の旅 第2回

2017.02.18

ラクシュマンジュラ橋

リシケシの町のガンジス川を跨ぐ吊橋のラクシュマンジュラ橋

第2日目(続き):
さて、ハリドワールの町からチャーターした車で、リシケシの町に向かっています。
車は約1時間でリシケシの町に入ります。

この町は、大きく分けて3つの地域を知っておけば旅行者としては、十分でしょう。
まずは、ハリドワールから来ると最初に通過する市街地。
たくさんの小さな商店が軒を連ね、銀行のATMもたくさんあります。 お金をおろしておきたければ、道端のATMで止まってもらうように運転手さんにお願いすると良いです。

市街地を通過すると坂を登り始め、ガンジス川の右岸を走る幹線道路を5分も走ると、大きなピンクの建物が目印のシバナンダ・アシュラムが左手に現れます。 このあたりが吊り橋の『ラムジューラ橋』を挟んで両岸に渡る、第2の地域になります。

さらに、幹線道路を5分ほど登ると、たくさんのオート三輪がたむろする小さな平地に出ます。 ここからガンジス川の向かって降りて行くともう一つの吊り橋、『ラクシュマンジューラ橋』を挟んで両岸に広がる一体。 これを第3の地域とします。

今日の宿に予約しているのは、ハリドワールから来ると一番奥の地域となるラクシュマンジューラ橋の右岸に広がる、『タポバン』と呼ばれる地区にある”デバイン・ガンガ・コッテージ”となります。

ホテルの直前は、こんな狭い道を車が通れるのか、と不安になるような道を通りますが、フロントの目の前まで車は横付けしてくれます。 ハリドワール駅に迎えに来てもらうだけのタクシー代の相場は、直接旅行会社に依頼して800ルピーほど。 ホテルのフロントなどに依頼すると3〜5割増しになったりします。 今回はハリドワール市内観光をしてもらってからのリシケシまでの運転なので、時間/距離料金が適用されて、4時間で2200ルピーほど。

ここに宿を取った理由は:
・ガンジス川の眺望がある
・幹線道路から十分離れているので、車の音がしないで静か
・早朝に参加したいヨーガアーサナクラスの行われる会場に近い
・夕方に参加したい瞑想会場に近い

午後3時半過ぎに、宿に到着してチェックイン。
エレベーターがないので、外階段を宿の人が荷物を運び上げて部屋まで案内してくれます。

荷物を置いて、直ぐに歩いて2分ほどの所にある”アジャタナンダ・アシュラム”の4時からのレクチャー(サトサンガ)と瞑想会に向かいます。

ホテルを出て左に折れ、20メートルほど歩いて最初に左に曲がれる道を曲がります。 数メートル歩いて、右に曲がれる細い路地を行き、10メートルで右側にアジャタナンダ・アシュラムの入口があります。

アートマナンダ・ウダシン僧院管長

アートマナンダ・ウダシン僧院管長

こちらのアシュラムの管長さんは、フランス人僧侶(スワミ)のアートマナンダ・ウダシン(Atmananda Udasin)師。 深いお話の質疑応答の集会が、木・金曜日を除く午後4時から約1時間半程度。 この方のお話を聞きに来るだけでも、リシケシに来る価値がある、と思わせていただける方。 ご自身の深い体験から発せられる珠玉の言葉は、魂の道しるべとなります。 アシュラムに滞在中は、木・金曜日以外は、毎日開催されますが、欧州等にツアーで不在の時もあるので、こちらのHPのリンクから確認してから訪問すると良いでしょう。

そして、このアシュラムのもう一つのご馳走とでも言うべき点が、お話会の後に自由に使わせてくれる瞑想ルームです。 この部屋が何とも、深い静寂に満ちた空間で、快適な座り心地の座布も用意され、至福の瞑想時間を過ごせます。 こちらでしっかり30分ほど座ります。

終了後、ホテルに戻って、夕食前のシャワーを浴びます。 インドは車やオート三輪タクシーで移動することが多いので、いつの間にか、埃を被ってしまいます。

今晩の夕食は、移動が続いたので、消化の良いものを少しだけ食べることにします。
懐中電灯持参で、ホテルの門を出て、今度は右に折れます。 60メートルほど歩くと、右に上がる細い道が枝分かれしており、そちらに右折します。 道沿いには、小さな川が流れています。

その道を100メートルほど進むと、最初に右に折れる道で右折します。 そして直ぐにまた右折して、その角の左側の家に茶色の大きなガレージドアがあります。 そのくぐり戸を押して中に入ります。 ここが、今夜の夕食をいただくアーユルヴェーダ・レストラン”Ayur Pak”になります。 看板が出ていないので、知らなければ確実に素通りします。 営業は朝の9時から夜8時半頃まで。

個人宅のお庭の中に、テーブル席が点在しています。 庭や木々に囲まれたこの環境だけでも、長い移動の疲れを癒してくれます。

キチャリ

ホッとする味のキチャリ

こちらでは、作り置きをしないので、何を注文してもゼロから調理します。 今晩の注文は、生姜の効いたチャイを食前にいただいて、食事は消化の良い北インドのおふくろの味、キチャリにしました。 ダール豆とバスマティライス同量を、クミン、ターメリック、生姜などで炊いてお粥のようにしたもの。 これをゼロから作るので、圧力釜を使っています。

リシケシ滞在中にこちらには、1日2回お世話になることもあります。 ヨーガアーサナを朝1時間半やってからの、朝昼兼用の食事にこちらを利用するとパンケーキや、オートミールといった西欧的なメニューもありますが、勿論ヘルシーな素材しか使っていません。

朝食のオートミール

朝食にも良いオートミール

料理はご夫婦でやりますが、時々開かれるアーユルヴェーダの料理教室は、奥さんが担当します。

こちらの奥さんに、昨年11月の突然の高額紙幣廃止騒ぎの時は、どうでしたか?と聞いてみました。

何しろ、旅行者がホテルや食事用に両替して置いたお金が、突然無効になってしまった訳ですから、大騒ぎだったはずです。 インドではクレジットカードが使えるところが、たいへん限られているので、その深刻さは尋常でなかったであろうことは、容易に想像がつきます。

そのパニックに、リシケシの住人達は、どこも長蛇の列のATMを午後2時までは、旅行者だけに使わせる、と自主的に決めたそうです。 それでも、現金が手に入らない旅行者が沢山出たので、そういう人たちに、こちらのレストランでは、無料で食事も提供したのだとか。

かくして、ホッとするインド式のお粥で、心身共にほっこりすることが出来ました。

それでは、懐中電灯で足元を照らしながら、今宵の宿へと戻ります。

さて、明日は朝6時からのアーサナクラスに参加します。 (第3日目に続く)

*記事に登場したホテル、Divine Ganga Cottage:http://www.divinegangacottage.com

この近くで他のお勧めの宿:
・”Seventh Heaven Inn”:清潔で整ったホテル。ガンジス川が見えることに拘らなければ、こちらも良い選択肢:http://seventhheaveninnrishikesh.com:

・”キイロイ家”=Laxmi Yellow House:日本のガイドブックによく登場します。こちらにあるレストランでは、日本人の旅行者を見かけることが多いです。:https://www.facebook.com/laxmiyelllowguesthouse:

*夕食をとった”アユパーク”・レストラン:こちらは5部屋のホームステイもやっており、リーズナブルな宿代で泊まれます。しかし、最大の魅力は質の高く、サトヴァに溢れた食事。:
http://ayurpak.webs.com:
https://www.facebook.com/Ayurpak-587752201253363/?ref=page_internal:

(このブログでのお勧めや紹介した施設等は、当番の個人的な見解に基づくものであり、その良さ等を保証するものではありません。 この中の情報を参考にされる場合は、自己責任でお使いください。)

HOME

サイト人気ランキング(月間)

  1. 30代続くジョーティッシュ占星術相談会
  2. 外国人から見た日本人のここが不思議 ”牛乳の巻”
  3. 開催日カレンダー
  4. ジョーティッシュってそもそも当たるの?
  5. 今日(9月23日)からラーフ が牡牛座に入りました!
  6. ヨーグルトで腸内フローラ改善するの? ラッシー vs. バターミルク
  7. アーユルヴェーダのパンチャカルマ施設を選ぶポイント
  8. 今日から土星が山羊座に入ります!!!
  9. 参加方法・費用
  10. 当番からのご挨拶