”大沐浴 3000万人の祈りの日”

2017.05.05

2013年クンブメーラ祭り

2013年アラーハーバードの町のクンブメーラ祭り

有名なガンジス川ともう一つヤムナー川が合流する町、アラーハーバード。 この町で12年に1回、クンブメーラと呼ばれるヒンズー教のお祭りが約2ヶ月間、開かれる。

通常は2kmほどの川幅が乾季ですと200メートルほどに狭まり、干上がったガンジス川の川底を中心に東京ドーム300個ほどの土地に、期間中1億人近い人がやってくる。 そして、大沐浴として、3000万人が集まる日がある。 これは2ヶ月の期間中の参加者でなく、特別な1日に沐浴する人の数だ。

約2ヶ月の期間中に6回の吉兆な沐浴日があり、その日に沐浴者は集中する。

なお、最も吉兆なのは、マウナ・アムヴァシヤと呼ばれる新月の日で、2013年は2月10日がそれにあたり、3000万人が一日で沐浴しました。

当番が沐浴したのは、そういう吉兆な日の一つであるヴァサンティ・パンチャミ(春新年の第5月齢日)と呼ばれる2月15日で、かつシャヒ・スナーン(王の沐浴)と呼ぶ日に当たり、その日は約2000万人の人が沐浴したと後で聞きました。

こんな関東地方一円の全ての人が、1箇所に集まるようなことは、そもそも物理的に可能なのか、という疑問する湧いてくる。 しかし、それが現実に起こってしまう。 当前回開催された2013年の会場に足を踏み入れて、その光景を目の当たりにしました。 もう人人人です。

北のシャンカラチャリヤ

北の大聖シャンカラチャリヤも登場

最近BSテレビ放映されて知ったのですが、このクンブメーラという祭典が前々回の2001年に行われた際に、NHKがドキュメンタリー番組を製作していました。 『大沐浴 – 3000万人祈りの日』と言うタイトルです。 先日、再放送がありました。

単に異文化を物珍しく見るだけの視点ではなく、何が人々をそこまで駆り立てるのか、というところまで、引き出している、とても良く構成され、撮影され、編集されたドキュメンタリーでした。

では、なぜそこまで人を沐浴へと駆り立てるのか、という点です。

ある参加者はこう言います。
『個人個人が心の中の神に祈るのだから、何千万人集まろうと関係ないのです。』

この特別な6日間は、神々が永遠性をリチャージする為に、このガンジス川とヤムナー川の合流点に浸かりにくるのだとか。 神々が浸かっている時に、同時にガンジス川に浸かると、神と一体になれる、と信じられているようなのです。

勿論、普段からガンジス川で沐浴することで、過去生からのカルマを浄化出来るとも言われてきました。 特別な6日間は、さらに神々が一緒に居てくださる、と言うので人々が殺到しているのでした。

目を輝かせながら、神との合一が人生最大の目標だ、と言い切る一般の市井の人々約1億人が、この約2ヶ月間に沐浴に現れます。

何に注意を向けるか。 それで人生は決まってくることでしょう。

HOME

サイト人気ランキング(月間)

  1. 30代続くジョーティッシュ占星術相談会
  2. 外国人から見た日本人のここが不思議 ”牛乳の巻”
  3. 開催日カレンダー
  4. ジョーティッシュってそもそも当たるの?
  5. 今日(9月23日)からラーフ が牡牛座に入りました!
  6. ヨーグルトで腸内フローラ改善するの? ラッシー vs. バターミルク
  7. アーユルヴェーダのパンチャカルマ施設を選ぶポイント
  8. 今日から土星が山羊座に入ります!!!
  9. 参加方法・費用
  10. 当番からのご挨拶