投票箱を玉手箱にしてますか?

2017.10.21

選挙運動明日はいよいよ衆議院選挙の投票日。

昨日は『日経平均は57年ぶりの14日続伸』、『東証株価指数が21年ぶりの終値』といった威勢のいいニュースが流れてきました。

株価が高いと政権与党に票が入る、と言う経験則があるようです。 今回もそうなるのでしょうか。

しかし、実際のところ『そんなに景気がいいと言う実感は全くない』と言う声も多く聞かれます。

それもそのはず、この株高には日本銀行が20兆円もの株式投資があります。 ここ最近は、年6兆円と言う異常なペースで日本株を買い支えています。 一般の私たちにとっては、『それがどうかしたの?』とスルーしてしまう事実かも知れません。

そもそも通貨発行権のある中央銀行が株式を購入する、と言うのは考えられないことです。 しかも、日本株全体の3%にも及ぶ金額です。 欧米などでも例がありません。
 
以前に『刷れ、さもなくば去れ!』のブログで書いたいわゆる”お金を印刷”して赤字国債を増発する”錬金術”だけではもの足りず、株式を直接購入するというところに踏み込んでいます。

景気をよくしようとするこれらの施策のどこが悪いんだ!とお叱りを受けそうですが、その結末にはどんな現実が待っているのでしょうか。
 
私たちが医療サービスを受けると自己負担3割です。 高齢者の場合の自己負担は、1割です。 さらに高額医療費の払い戻し制度もあり、日本は本当に優しい国です。 その優しさに文句を言う人は普通はいませんが、問題はその残りを誰が払ってくれているのか?という簡単なことに思いを馳せるかどうかです。
 
大半は、国が払ってくれているんでしょう。 大半とは言いませんが、40兆円の医療費の約10兆円は国が補填していますが、そのほとんどは赤字国債によって賄われています。
 
この赤字国債の正体は、『すんき漬けと値上げの春』のブログに書きましたが、結局自分たち、子供や孫たちが払うことになる、という当たり前の現実です。

飴やチョコレートを配ってくれる人に期待を込めて、投票箱を玉手箱代わりに考えていると、確実に将来、その飴やチョコレートの代金は結局自分が払う、というが現実を知ることになります。

心の奥にアクセスし、出来る範囲での自助努力の道を歩もうとすることが、今まさに求められているのかも知れません。

HOME

サイト人気ランキング(月間)

  1. 30代続くジョーティッシュ占星術相談会
  2. 外国人から見た日本人のここが不思議 ”牛乳の巻”
  3. 開催日カレンダー
  4. ジョーティッシュってそもそも当たるの?
  5. 今日(9月23日)からラーフ が牡牛座に入りました!
  6. ヨーグルトで腸内フローラ改善するの? ラッシー vs. バターミルク
  7. アーユルヴェーダのパンチャカルマ施設を選ぶポイント
  8. 今日から土星が山羊座に入ります!!!
  9. 参加方法・費用
  10. 当番からのご挨拶